2017年1月10日放送
田原俊典さん
修道中学校・修道高等学校 校長/広島県私立学校協会校長会会長/
全国私学教育研究所研修検討委員会委員/全国私立中高連評議員
その他複数の団体の理事や会長を務めている。

<仕事でチャレンジ!> 仕事に関してチャレンジしていることは?

・修道の伝統を守るために常に新しい教育にチャレンジしている。
・県内の小学生に「私学教育」の魅力を認知してもらうために、様々な広報イベントに参加している。
・私学教育の充実のために県内の私学を代表して県教育委員会、県庁学事課等と連携を深めている。

<暮らしをエンジョイ!> 暮らしの中でエンジョイしていることは?(趣味など)

・バンド活動(担当はギター)を楽しんでいる。修道の教員たちと「カクテルショップ」というバンドを組んで、高校生のバンド合戦のゲストやフラワーフェスティバルのステージなどに出演している。また、広島のプロの方々と「田原バンド」というバンドを組んでいただいて、たまに市内のライブハウスに出演している。
・下手なのにゴルフは大好きで最近は時間を作って、月に一度はラウンドしている。

多忙な中での時間捻出術や公私の切替えのコツは?

基本土日は休日だが、出張、学校イベント、広報活動や修道の同窓会のおつきあい等で休日がつぶれて結構多忙である。
また、公的な宴会も多く生活が不規則になりがちである。しかし、どんなに忙しくてもプライベートな時間は大切にしている。
多忙で時間がないから遊べないという人がいるが、それは間違いで、どんなに多忙でも「遊び」に価値を感じている人は、仕事を簡略化しても時間を作るものだと考えている。要は時間捻出については技術ではなく意識の問題だと考える。公私の切り替えがうまい人も同じ「遊び」の重要性を認識していると思う。

プライベート、暮らしでエンジョイしていることが仕事にどう生かされていますか?

未だに高校生がバンド活動をすることを怪訝そうににらむ大人たちが多い。教員もそういう人が多い。
私は修道の教員の協力のもと、広島県に軽音楽連盟を立ち上げ、その連盟を広島県高校文化連盟に加盟させることに成功した。高校生たちが学校の施設の中でバンド活動が堂々とできるようにその環境を作っていった。
現在広島県の軽音楽連盟の会長を務めて、自身の趣味を仕事に生かしている。最終的には全国高校バンド選手権を広島の地で開催することが目標である。そのときには模範演奏ができるように、日々ギターの練習に励んでいきたい。

【バックナンバー】

2016年12月27日放送 浅谷 聡さん/旅行業 交流創造事業部 地域交流推進課
2016年12月13日放送 竹内恒彦さん/菓子製造販売業 代表取締役
2016年11月22日放送 上谷 久美子さん/建設業(事務職)
2016年11月8日放送 平谷 祐宏さん/尾道市長
2016年10月25日放送 近藤 志保さん/会社員(ラジオパーソナリティー)
2016年10月11日放送 岡田 衣梨子さん/建設業

<広島県の取り組み>

仕事と暮らしの好循環により、豊かで充実した広島らしいライフスタイルを!
RCCラジオは、「欲張りなライフスタイル」の実現を広島県と一緒に応援します。
様々な分野・立場で活躍する「バリ欲張り」な人々の「わ」を広げていきます。

広島県ホームページ