勝手にトークひろしま!

広島でくらす人、広島出身の人、そして広島が好きな人。みなさん、愛する広島県をもっといい街に、もっと魅力ある場所に、そして、自信をもって「広島は素晴らしいところだ」と言えるようになりたいと思いませんか?そのためにいま、僕たちに何が出来るのか? 広島をもっと知り、広島を真剣に考え、広島を愛するために。合言葉は、 Eijoy!HIROSHIMA!!

トップにもどる

過去の放送

トップにもどる

過去の放送

ひろしま、本トーク

【ラジオ放送】
2013年2月10日(日)20:00~

今回で3回目を迎える「広島本大賞」。昨今、若者の活字離れがクローズアップされるなか、本と地域の活性化がどのようにリンクしていくのか?
そもそも、広島での作家活動に不便はあるのか?
本大賞の中心メンバーと、実際に広島で活動する作家らが集まり、「広島と本」について語り合います。

【出演】
■清水浩司さん
作家。『がんフーフー日記』、小説『ぼんちゃん!』を出版。現在、広島市在住で執筆活動を行っている。

■くぼひできさん
児童文学作家。昨年『カンナ道のむこうへ』で単行本デビュー。作家活動の傍らサブカルチャー創作塾・広島ものづくりジムの主任講師も務める。

■三島政幸さん
啓文社コア福山西店 副店長。「広島本大賞」の実行委員長を務める。根っからのミステリーマニアであり、またAKBファンの一面も持つ。

■山根尚子さん@yamanekoyama
TJ Hiroshima編集長。勝手にトーク2回目の出演。facebookやtwitterを積極的に活用している。

■キムラミチタ
廿日市市出身・36歳・ラジオDJ、クラブDJ、構成作家など、音楽をライフワークとして様々な顔を持つ。自身の音楽ユニット"忍"ではプレイヤーとしても活動中。映画、アート、マンガ、料理等の造詣も深い。
@michiiiiita

【進行】平尾順平(ひらお じゅんぺい)
NPO法人ひろしまジン大学学長。
広島県をまるごとキャンパスとし、みんなが先生であり、生徒でもあるという発想で地元の魅力を再発見したり、人と人とを結び付けていきたいと活躍中。