勝手にトークひろしま!

広島でくらす人、広島出身の人、そして広島が好きな人。みなさん、愛する広島県をもっといい街に、もっと魅力ある場所に、そして、自信をもって「広島は素晴らしいところだ」と言えるようになりたいと思いませんか?そのためにいま、僕たちに何が出来るのか? 広島をもっと知り、広島を真剣に考え、広島を愛するために。合言葉は、 Eijoy!HIROSHIMA!!

トップにもどる

過去の放送

トップにもどる

過去の放送

広島に泊まってもらおう

【ラジオ放送】
10月15日(土) 16:00~17:00
【USTREAM生放送】
10月2日(日)22:00~
【出演】
吉原俊朗さん
(中国地方総合研究センター)
江川麻美さん 
(日本旅行 赤い風船広島企画センター)
高野千恵美さん
(広島県観光アシスタント(広島県ええじゃんレディ) )
宮永利子
(オリエンタルホテル広島)
里吉渉平
(レストラン ボンボヤージュ)
ポールウォルシュ
(GetHiroshima発行人)
キムラミチタ
@michiiiiita

広島は2つの世界遺産があり、訪れる観光客は多い。しかし課題は広島滞在時間が短いこと。
観光客に広島にもっと滞在してもらうには、どうすればいいのか? 広島で観光に関わっている方々に集まってもらって課題や未来を語り合います。

まずは、出演者が登場。
■里吉渉平さん
レストラン&バー ボンボヤージュを経営しながら、外国人にもっと来てもらおうというウェルカムHIROSHIMAという活動をしている。
■宮永利子さん
オリエンタルホテル広島で宿泊予約を担当。フロントに立って観光客と直接ふれあうことも多い。
■吉原俊朗さん
中国地方総合研究センターで街づくりや観光の調査、研究を行っている。また、建築物をめぐるアーキウォーク広島の副代表。
■江川麻美さん
日本旅行赤い風船広島企画センターで旅行商品のパンフレットを作っている。もちろん趣味は旅行。
■Poul Walshさん
15年前から広島在住。GetHIROSHIMAという外国人向けのWebサイトとMapを作って発行している。
■高野千恵美さん
広島県観光アシスタント(広島県ええじゃんレディ) 。広島県の観光情報説明会で各地でPRを行っている。
■キムラミチタ
広島いのちのサポーターとしても活動中。
恒例のクイズコーナー

■広島県に来る観光客の数は、2010年度は4年ぶりに増加しましたが、増えた市町村ベスト3は?
答 : ①福山市 ②尾道市 ③広島市

■県外からの観光客の人数。都道府県別にみて、広島県は第何位? (調査実施の38県の中) 答 : 24位

■では、宿泊者の人数は第何位?
答 : 28位 (観光庁観光入込客統計 2010年7月~9月期)

■広島に来た外国人に調査したところ、日本滞在は、平均で16泊17日でした。そのうち、広島には約何泊する?
答 : 約2泊

※大阪から新幹線のフリーパスを使って日帰りする=つまり広島0泊の人の割合が約25%も。
※広島に来る外国人は、欧米人が多い。アジア人は少ない。
続いて、メンバーそれぞれの経験談から。
旅行会社の江川さん
・観光がセットになっているプランが減って、フリープラン(スケルトン型)がほとんど。
・旅行にかけるコストが減っているので、B級グルメを特集。
・個人の趣味によって旅行の内容も多様化。
ホテルの宮永さん
・フロントではやはり宮島と平和公園について尋ねられることが多い。
・1日かけて宮島と平和公園、という人が多い。
・外国人ではマツダミュージアム。県外からでは、呉や熊野。
広島県ええじゃんレディの高野さん
・県外の駅前でパンフレットの街頭サンプリング。会話すると、ほとんどが広島に来たことがある。宮島が良かったという意見が多い。
ポールさん
・初めてきた時、弥山からの景色が印象的。街は面白くない印象。
・住んでみると、目立たないけど面白い店がある。
・15年前のロンリープラネット(英語のガイドブック)には、「原爆が落ちてなければ広島に行く理由がない」という表記があった。今では「世界で面白い街200」に、日本では3か所、東京・京都と広島が入っている。
・レストランやカフェも増えて、街全体がいい雰囲気になったことが理由。
ボンボヤージュの里吉渉平さん
・外国人は、バーホッピング(夜の街でバーをめぐる)をする人が多い。
・飲み屋は、人との接点が生まれるのがいいところ。
海外に行っても、現地の人が面白いというところには、外れがない。(平尾)
日本の人とコミュニケーションとってるかどうかで、日本の印象が全然違う。(ポール)
今でも「広島は外で遊んでて危なくないのか?」といった、日本や日本人に対して間違った知識がある外国人も多い。コミュニケーションが解決する。(ポール)
研究者の吉原俊朗さん
・国内の人は趣味によって旅が細分化。観光地より、「何が食べたい」「イベントに参加したい」などの目的によって旅を。
・ローカルの人とのふれあいによって得たものは、旅行者にとって自慢になる。
海外の人は、東京や京都でいろいろ見てるから、広島くらいではゆっくり過ごしてほしい。
みんなお寺や神社を見疲れて、広島にやってくる。日本をじっくり味わう時間を過ごしてほしい。(ポール)
四国はお遍路さんの文化で、どこにいってもいい対応をしてくれた。街の印象が良くなって記憶に残る。(平尾)
街づくりの視点で見ると、地域の宝を見つける。そしてそれを見てもらうのが観光の基本。
長崎サルク 自分で好きなところを見つけて、ツアープロデューサーになって案内する、というイベントがある。100人いたら100通りの案内がある。(吉原)
泊まってもらうために、どんなコンテンツをアピールしていくのがいいか?

■里吉さん 「流川」
・まずは夜飲んでもらうこと。
・国際交流ができる。(ポール)
・国内の人は料理目当ての人が多い。広島の魚貝類にこだわった料理など。
・お好み焼きは10時以降にするとか。(キムラ)
・宮島は19時以降がさみしい。
・夜の宮島も雰囲気がいい。(平尾)
・なんで子供はランドセル背負ってるんみたいな日常が聞ける街、広島であってほしい。(吉原)

■宮永さん 「江田島でサイクリング」
・島ならではの景色や人とのふれあい。
・尾道や呉に行くサイクルトレインがにぎわった。これがヨーロッパのように普通になれば。(ポール)

■高野さん  「しまなみ海道」
・日経新聞のおススメサイクリングコースNO.1.
・レンタサイクルで乗り捨てもできる。歩けば無料。
・多島美は瀬戸内海にしかない。

それぞれが好きな多島美をもっていて、推奨できるといい。(吉原)

■江川さん 「尾道や鞆の浦 広島でないと撮れない写真」
・旅行者には、一眼レフのカメラが流行している。
・竹原に行くと、カメラもっている人が多い。

アニメやポスターで、あの場所に行きたい。あの景色を写真におさめたい、というのは魅力になる。(吉原)
体を動かすこと。アクティビティがあると滞在は長くなる。(キムラ)

■吉原さん 「もっと宮島」
・まずは弥山に登ること。シーカヤックで鳥居をくぐる。裏側の砂浜でゆっくり。
・鳥居の満潮と干潮を両方見ないと。そうすれば6時間はいないと。
・広島に住んでる人がやってみないと。やってみると自信を持っておススメできる。(キムラ)
・ホテルやゲストハウスの人にシーカヤックを体験してもらう会をやった。それで説得力が増す。(吉原)

■ポールさん 「山」
・高いところから見下ろすと街がわかる。広島なら二葉山。夕方はとてもきれい。
・一番おススメは三滝寺。ここに行けば、京都は行かなくてもいい。
・ハイキングなら、廿日市の極楽寺山。

観光客の滞在してもらうための提言

■ポールさん
外国人は日本に1回しか来ない人が多い。滞在が短くで見るところがいっぱい。他のエリアの魅力的な場所に勝つのは難しい。
勉強になる場所を目指しては。東京に行く前に、まず広島で2,3日、日本語や風習の勉強をする場所にするといい。

■高野さん
いちばん影響力があるのは口コミ。郷土愛=観光客の増加になる。コンサートも多いしスポーツも多いし、魅力はいっぱい。宮島も小学生以来行ってない、資料館には平和学習以来行ってない。大人の視点で見てみるのも大事。

■宮永さん
ホテルの人間ももっと広島を知って、食べて、勉強していくように。経験すれば、観光客への推奨の選択肢が増える。

■江川さん
広島リピーターを案内するために初めて自分も経験することが多い。安佐動物園も広島の人には普通だけど、他県の人にはあの広さは驚き。
横に長い広島をもっと勉強、体験することが大事。

■里吉さん
商売っ気を持ってほしい。
観光はトータルでみたら大きな商売。バーでは、どうやってもう一杯飲んでもらうかがテーマ。
1人13,000~14,000円 500円増えれば50億円が増える。外国人が来ると、外貨が増える。経済に好影響。
こちらが投資をせずに、客単価を上げるためには、ひとりひとりの意識が大事。

■吉原さん
広島の人と観光客が触れ合う場所がもっとほしい。
ニーズが多様化なら、相手のニーズを理解しないといけない。そのニーズに自分が応えられないこともあるが、他の人が応えられることがあるので、バリエーションが増えるといい。
おもてなしの心が大事。外国人が広島駅に着いたとき、困る人が多い。案内所以外で、広島駅でまず案内できる、もてなしができる人を置くといいんでは。

最後に今日の感想
■高野さん
大河ドラマ効果で観光客が増えるので、おもてなしの心をもっと生かして、リピーターを増やしていきましょう。
■ポールさん
広島を自慢して、お客さんに声をかけて、お土産話を持たせましょう。
■江川さん
京阪神からのお客さんが、広島から博多に流れないように、しっかり魅力をアピールしていきたい。
■吉原さん
子育て世代の旅行は難しいので、子どもを安心して連れて行ける優遇があるといい。子供の旅行者が増えるといい街になる。
■里吉さん
競技用自転車の貸し出しなど新しいアイディアをもらった。頑張るぞ!
■宮永さん
同じ世代の人と熱く語り合えて、Twitterでも多くの人たちに参加してもらって、とてもうれしくなった。
■キムラ
広島には魅力がいっぱい。自信持ってアピールしていく力が大事。強気に魅力をアピールしよう。
■最後に平尾から
明日からできることは、自分たちが広島の顔になっていくこと。広島のコンシェルジェになって、誇りを持って魅力を伝えていきたい。
あの人がいるから行きたい。あの人がいるからもう一度行きたい、という街にしよう。
今日はガンジーの誕生日だった。
ガンジーの言葉、世界の変化を作るなら、まず自分自身から行動しろ」
あしたの広島を作るために、みんな行動しよう!!
視聴していただいた皆さんからのツイートの中からご意見をご紹介。

湯来にも来んさい^^あ~ 道路がよーなったら気安いんじゃが・・・(seyanarさん)

野球観戦だと連戦なので泊まる人多いと思うんですけどね。少なくとも阪神ファンは確実に泊まります(笑)(Toki508さん)

外国人ツアーは大阪や東京に行く前に立ち寄る。日本人は中国関西圏内からが多いから日帰りが多い。ってのが私の経験上のデータです。 以前、外国人観光客に日本剣道型を見せたらメチャよろこんどった。 市内中心部でやっとるレンタサイクルを外国人向けにも使おうや。損失は我慢して。。。(tatubanayaさん)

広島を楽しんでいいのか? これ重要。日本人でもそう思ってる人達はいた。 広島って、他所の人に見られてるって意識が希薄かな。観光看板は親切だけど。食事出来るところは少なかったり。(afrotanakaさん)

リピーター少ないように見えますが、一度行けばいいような 海外では、日本酒が人気なので海外向けに西条のお酒の知名度が上げれればいいのに、西条で海外の観光客を見ることはほとんどない。 (taradejiさん)

海外の方向けの職場体験や技能研修、マーケットの開設とか、アジアでも起点になる動きとかどうでしょう。日本の文化伝承にもつながれば。(aghomeさん)

「田舎に泊まろう」的になってしまうが・・・町の集落を限定して、一日自分が泊るところを探して回るプラン・・・泊る家を見つけれなかったら、その集落の集会所に泊る!プラン。(karakusa1122さん)

欧米ではカウチサーフィンといって、ネットで登録した人の家のソファに泊めてもらうシステムが盛んだけど、日本ではあまり知られてないし、やっぱり怖いですよね。 尾道はホテルが少ないけど、ここは空き地再生した宿泊所を作ってほしいですよね (Riidaa916さん)

広島に泊まってもらうには、でっっっかい温泉をつくったらいいと思う!自然環境に囲まれた。瀬戸内海の海の幸に舌鼓を打てる。(abikoerikaさん)

ハードもコンテンツもあるんだけど、サービスって大事じゃないかなって思ったりする。 細かいことだけど、お手洗いとか、オムツかえる場所があるだとか(lim_roseeさん)

お金のかからない人集め、ホームステイ受け入れを募集して広島人と絆を深める、例として一人暮らしのお年寄り宅へホームステイする企画。観光地の思い出は地元とのコミニュニケーション。(post77さん)

中心部(広島市内)だけではなく、広島の顔は山海街などいろんな顔を持っているので、広島市内からも足を伸ばして行けるプランづくりも大切。(karakusa1122さん)

工房に泊まりがけでオリジナル自転車を作るって、どっかでありましたね。広島なら自動車でも作りますか。1ヶ月ぐらい泊まってもらって。(garagaradoさん)

旅行に行くのに躊躇するのは、子供がいるから。子供を安心して連れて行ける場所であることをアピールできれば観光客は増えると思いますよ。(totemoakishoさん)

例えば案内所で言えば、バンクーバーのビジターセンターなどは、デカくてディズニーのような明るさがあります。不案内はツライですよね。(OgusaHiroshiさん)

調布市はいまも市のホームページで「ゲゲゲ情報」なるものを更新し続けているんだねー。 広島も観光都市としてこのくらいの根性をみせないといけないね。 (norrorintoriさん)